都市縁辺の新たに開発された住宅地

新興住宅地(しんこうじゅうたくち)は、新たに開発された住宅地である。 都市の人口集中が都市縁辺の未開発地域や近郊の農村部の未開発地域を確保し、住宅の確保、住宅供給のために継続して住宅地の開発を進めている。日本では、高度経済成長期の日本住宅公団、住宅供給公社などが続々と団地造成事業など、地域振興整備公団は4種類の工業団地等の造成事業に加え、住宅街の整備事業などで多くの住宅造成地を建設し、住宅の供給が行われた。 これらの住宅区域は開発を促進するために、既存の道路を拡幅で、高速道路の標準的に改善し、(特に米国は、新興住宅地や都心部を結ぶ既存の国道と州道を高速道路の標準的に改善することができます)、既存の鉄道新駅がこともできる。また、住民が定着した以降の主要な都市の中心部の交通手段として使用するようにするために、交通の整備が進行中である。国道のバイパス道路や高速道路、鉄道の新路線が通過する場合もある。 また、開発後、どのくらいの期間までに、"新興"与える基準や居住者層の要件は特段見られない。 日本の新興住宅地第二次世界大戦以前の東京では、田園調布や成城などの新興住宅地として開発された。大正時代に設立された田園都市株式会社は、まず、洗足地区(北千束駅付近)の宅地開発を進め、来年の多摩川台地区(田園調布)大岡山などの宅地造成を行い分譲を実施し始める。分譲地玉台、洗足、大岡山のほかに上野毛、等々力、奥沢、蒲田などの整理した。また、事業地の奥沢のほか尾山台を供給する。こうして1929年、自由ケ丘と尾山台に加え、住宅資金の融資を始め、東京の広い地域の住宅地化を促進している。このほか、深沢と玉川、三宿、代沢、等々力、尾山付近に位置し、斜面まで使用して、高級住宅地を造成していく。
[PR]

by fsklkaf968 | 2010-06-24 18:06

<< 200年ロングライフ住宅ビジョン